それでも君は

No.115

L

囚われているように見えたある日の月。
そんな状況でも輝いて見えたのです。