彩の無い世界で

No.113

L

「儚さ」の象徴とも言える桜。でも彼等は凛としていました。