波で消えてしまう前に

No.80

Sana

波で消えてしまうような儚い足跡でもそのとき振り返ればしっかり残っているように、自分がつけた足跡を時々振り返って確認して生きていきたいと感じた一枚になりました。