森本研究室(工学部 応用化学科)

工学部応用化学科・光機能性錯体化学(森本)研究室では、産業や人間活動から排出される“ゴミ”である二酸化炭素を、光エネルギーで有用な化合物に変換する、いわゆる人工光合成の研究を行っています。当研究室で行われている研究内容や研究環境を紹介します。