触媒化学研究室(工学部 応用化学科)

触媒化学(原)研究室は工学部応用化学科の研究室です。私たちは、サステイナブルな社会の実現に貢献する様々な触媒の研究に日々取り組んでいます。現在は、水素を燃料とする自動車の燃料電池のための新しい触媒、枯渇資源に頼らずに水素を製造する触媒、住環境を快適にする触媒、医薬品を合成するための触媒などを開発しています。本企画では、触媒の研究について、研究室内の様子、学会発表の体験談などを動画で紹介します。